日常から

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5月23日が「キスの日」だという、あまり響かないな理由

本日、5月23日は「キスの日」だそうです。
初めて聞きましたが、
なぜかと言うと、

日本で初めてキスシーンが登場する映画の公開日が、
1946年5月23日だったからだとか。
その衝撃の問題作は松竹の『はたちの青春』で、
当時、映画館は連日満員だったようです。
戦後直ぐですよね、その頃から、
日本人も過激なものが大好きだったという証拠ですね。

役者さんも、ガーゼで口を覆って、
「決死の覚悟で」臨んだという事ですが、
ガーゼを介したキスシーンてどんなの?

その「キス」というのは、
別に西洋から入ってきたものではなく、
日本古来からも、男女の営みとして存在しており、
以下のような呼び方があったそうです。


●「口吸う」
平安時代に使われていた。

●「口吸い」
室町時代~江戸時代。

●「口口」「口々」「口寄せ」
江戸時代。

●「呂の字」
江戸時代後期。

●「口ねぶり」「舌吸う」
江戸時代後期、ディープキスの意味。

●「お刺身」
江戸時代に花柳界で使われた。
舌と舌が絡む様子がマグロのお刺身に似ているから。
花柳界ではキスと混同しないように
本当の「お刺身」を「お造り」と呼んだ。

●「くちづけ」
明治時代の詩人、上田敏氏が考案して使用したのが最初。


いや、さすが日本!
「キス」などという単語より、
遥かにエロくて、願望を感じる表現と思うのはワタシだけ?

江戸になると庶民かというか、
ヘンな捻りが入って、エロさの点ではイマイチだけど、
「お刺身」は凄い。。
今でも「お造り」って言いますよね?
コレ、「ディープキッス」と区別するための言葉なの?ホントに。

やっぱり「吸う」というワードには、
独特のエロさがありますよね。

それに比べ「くちづけ」とは、
何とまぁおとなしい表現。。

http://news.livedoor.com/article/detail/6583994/
5月23日はキスの日!昔の日本にキスの呼び方がたくさんあった
スポンサーサイト

浅草三社祭 2年ぶりの人出は184万

今日の「金環日食」
皆さんは見られたのでしょうか?
私は、通勤途中に見れるかなと
期待していたのですが、

太陽眩しくて、全然わかりませんでした。
この一瞬のために日食グラス買うのもなんだし・・
と思ったけど、
やっぱり持っておくべきでしたね。

そして金曜日から昨日までの3日間、
東京は浅草の名物「三社祭」が行われ、
合計の人出が184万て、
想像を絶しますよね。
土日のピークに、70万は居たって事?

sanja.jpg

昨年は、震災のために自粛して中止だった事もあり、
今年の気の入れようは凄かったようです。
高知の「よさこい」や、
青森の「ねぶた」も、
凄く興味あるのですが、

お祭りの人出って、どうしても苦手で、
未だ一度も見ていません。
花火大会とか初詣が限界かな。。
もちろん「三社」も行ったことない。

「ねぶた」と言えば、
韓国の「燃灯会」がその起源だという事で、
ユネスコ世界遺産に認定されるかどうか?
という、大騒ぎな話しがあります。
「燃灯会」が、伝統ある祭りなのは事実なようですが、
「ねぶた」的なものは、国際交流のために、
青森が教えたものだとか・・
それも含めて、韓国のものにしようとしている事から、
「パクリ」という反発が起きているんですね。

ともかく「ねぶた」になると、300万て言われてますからね。
あー、一生見れないのか・・

http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/tokyo23/news/20120521-OYT8T00058.htm
三社祭 184万人 熱狂の渦

次は18年後・・「金環日食」は21日7時半から

月と太陽が重なり、
太陽の光がリング状に見える「金環日食」
東京では、21日午前7時32分ごろから観れるそうです。

時間的にはもうすっかり日が登ってますが
裸眼で日食を直接観測する行為は危険で、
日食観測専用の眼鏡(日食グラス)の使用が、
呼びかけられています

この話題は酒井法子さんを思い出しますね。
あの時は「皆既日食」でしたか。
たしか旦那が渋谷の路上で検挙され、
本人逃走の直前くらいに、
家族で沖縄に日食ツアーに行ったんですよね。

あのときも随分話題になって
ツアーが流行っていたのですが、
何十年に1度の世界ですから・・

出鼻をくじく訳ではないですが、
こういう時期だけに、
雨にならなければいいですね。
次は、2030年だそうですので。
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。