いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 海外の話 ≫ 南スーダン 牛を盗んで民族衝突

南スーダン 牛を盗んで民族衝突

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
昨年、スーダン国内での民族闘争から、
独立を果たした南スーダン。
そこで昨今、大きな内紛続き・・と聞くと、
つくづくケンカが好きな人達だなと思ってしまいます。

ただ、死者3000人とまで言われる事態、
虐殺も言われているので、深刻な事態ではありますね。

そこへ、家畜を巡る争い
・・ムルレ族がヌエル族を襲撃して10万頭の牛を盗んだ・・
など聞くと、
森の済む裸族同士の争いか?などと、想像してしまうのですが、
ここでは家畜は、
原油と同じ重要な生活資源なんでしょうね?

たしかスーダンの原油生産の大半が、
南スーダン地域ではなかったか・・

ナイジェリアのように、
一時は原油で飛躍しても国内の体勢がしっかり出来ておらず、
崩壊してしまう例がアフリカには多いのではないでしょうか。
その中で、以前の農業立国としての方向を目指す動きもあります。

そこは、日本が見習うべき点だとも思います。

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2864940/8635373
南スーダンで家畜めぐる民族衝突、200人以上死亡か
関連記事
タグ:南スーダン アフリカ 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。