いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 政治経済時事社会 ≫ アメリカ農務省ピンクスライムの給食は容認?

アメリカ農務省ピンクスライムの給食は容認?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
そのままでは、人間の食品基準に満たない
汚染肉などを、消毒して使うという事ですが、
ペットフードなどでは当たり前に使われているものです。

犬に食べさせるのは構わないけど、
子供達には衛生的にNG。
という思想自体どうなのか?
という疑問もありますが・・

人間の食品でもひき肉などのつなぎには、
当たり前に入っているとか。

こういうモノは業者にとってもオイシい原料であって、
欠かせないものでしょう。
故に業界とのつながりを無視できない農務省は、
今回の結論なんでしょうね。

今回は、農務省自体が360万キロですか?
仕入れてしまっているのですから。
その直後に、禁止なんて言えませんよね。

これが、米国の食糧事情で当たり前になると、
きっと日本にも浸透してくるでしょう。
そうなる前に、国内で止めて頂きたいと思います。

食糧をムダにしないという考え方もありますが、
それはもっとアプローチが別なのではないでしょうか?
自分達の食卓にそういうのあったら、
いい気持ちはしないですよね。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2866216/8651701
加工くず肉「ピンクスライム」の給食使用は各校が判断へ、米農務省
関連記事
タグ:ピンクスライム 食品基準 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。