いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ マジそれ? ≫ 中国製ダイエットピルに有害物質多数混入。FDAが服用禁止呼びかけ

中国製ダイエットピルに有害物質多数混入。FDAが服用禁止呼びかけ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
これまた恐ろしいというか、実にフザけた話ですね。

Amazonなどでも売られている、中国製ダイエット用錠剤
「Japan Rapid Weight Loss Diet Pills(日本急速減量ダイエットピル)」・・販売元は、中国企業の秀身堂。
これに、発がん性がある疑いのある物質を含んでいるとして、
米食品医薬品局(Food and Drug Administration、FDA)が、服用の停止を呼びかけています。

これだけなら、「ああまた中国ね・・」程度で終わってしまいそうですが、
よく読んでみると、
製品にはグリーン、イエロー、ブルーの3つのタイプがあるが、
FDAがこの製品を検査した結果、3タイプ全てに危険な物質が含まれており、

グリーンには「申告されていないフェノールフタレイン」
「フェノールフタレインは化学実験に用いられる溶液で、
発がん性の疑いがあり米国での販売認可が下りていない物質

イエローにはフェノールフタレインに加え、
心臓発作や脳卒中のリスクを高めるとして
2010年にFDAが販売元に自主回収を要請し、米国での販売が中止された食欲抑制剤
「メリディア(Meridia)」の主成分シブトラミンが含まれていた。

ブルーにはシブトラミンとエフェドリンアルカロイドが含まれていたという。
エフェドリンを含む製品は、
血圧を危険なレベルまで上昇させる恐れがあるとして米国での販売が禁止されている。


発ガン性どころか、心臓や血圧にも悪いものばかり・・
しかも薬の最先端というか、緩そうなアメリカが販売禁止する程の強者達ばかり!
もっと許せないのは、中国企業が中国で生産してるのに、

なんで「日本急速減量」なんだ!

これは、悪意のレベルでしょうか?

ピルは避妊というより、生理不純対策として利用されるケースも多く、
日本では医師の処方の基、かなり厳格な服用スケジュールを強いられます。
本来は自律神経?などが司る体内のホルモンコントロールを薬で制御しようというのだから、
それはそうでしょうね。
更にはこういう外部からのホルモン制御は乳がんのリスクも高めると言われています。
乳がん発生に直接関与するエストロゲンの働きに作用するからです。

そういう薬剤を、ダイエット目的でアマゾンで気軽に買えてしまう事自体、
怖いんじゃないですか?

ダイエットは必要な栄養の摂取と運動が原則であり、
そうでないと痩せても肌は綺麗にならないし、
まして薬で痩せようなんてラクしようとすると、こういう悪意のターゲットになってしまう。

そういう話以前に、これって犯罪にならないのか?
中国内でこれらの物質使用に問題がなければ、勝手に売ってるアマゾンが悪いのか?

食品を含めて、自分達の作ったもので外国の人間が死のうが病気になろうが、
それは無知な外人が悪いというのが彼等の発想だから、中国を突いても無駄です。

体に含むものは、CHAINAを避けるしかない!という事だね。

たしかに改めて思う・・中国製のピルなんか飲むアナタが一番悪い!
(だから、なんで「日本」なんだよ・・)

http://www.afpbb.com/article/life-culture/health/2869321/8740926
中国製「日本ダイエットピル」に発がん性物質、服用しないよう呼びかけ 米FDA
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。