いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 海外の話 ≫ 大統領も4人の妻を持つ国 南アフリカ

大統領も4人の妻を持つ国 南アフリカ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
ヨハネスブルク郊外のロバート・チャウケさん、
25歳から44歳まで計6人の妻と、
下は生後10週間、上は28歳まで計26人の子どもたち。

祖父には7人、父親にも4人の妻がいた。
長男も既に2人の妻を持つ。
一夫多妻とかではなくて、大家族 なんですね、あくまで。

チャウケさんの妻は6人とも専業主婦。
居酒屋を経営し、大家族を養っている。
妻たちはそれぞれ個室を持ち、
チャウケさんは順番に回って夜を共にする。

ジェイコブ・ズマ大統領も現在3人の妻がいるが、
この度ボンギ・ンゲマさんと結婚。
ンゲマさんは4人目のファーストレディーになる。

一夫一妻でも、愛憎その他、結局家庭が崩壊している現代。
これらを男尊女卑とか、古(いにしえ)の慣習とは、
言い切れないですよね。

歴史のどこかで、どこかの宗教が、
男性が複数の関係をもつ事を「不実」とし、
今につながっているのでしょうか。

妻の数、子どもの数は、
その男性の社会性の強さ。責任力の大きさ。
なんですね。

逆はどうなんでしょう。
女王蜂のように、
一人の女性を、複数の男性が働きながら、
共有し合う。

誰の子だかわからなくなっちゃうか・・
あまり人間ていうかほ乳類の家族には向かないのかな(笑)


個人主義で栄えた19~20世紀世界も、
やがて崩壊し、
人類は、利己的遺伝子によって、
そういう方向に向かってるのかもしれません。


http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2872843/8818250
1つ屋根の下33人、南アの一夫多妻家族 大統領の6回目結婚も歓迎
関連記事
タグ:一夫多妻 南アフリカ 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。