いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 海外の話 ≫ 南アフリカの貧困地域に残る私刑「ネックレス」

南アフリカの貧困地域に残る私刑「ネックレス」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
警察の力が及ばない、アテにならない。
というのは、こういう地域に限った事でなく、
日本の都市部でも、
泣き寝入りな被害者はたくさん居ると思います。

「警察力より事件の量の方が圧倒的に多いのが原因?」
であるならば、
警察でもっと人を雇用すればいいじゃないか。
と思うのですが、
駄目なんですかね?

雇用問題の解消にも繋がる訳だし、
年齢や経験を言ってないで、
どんどん人増やしたらどうでしょうか?
派遣でもパートでもいいと思いますし、
不要な道路工事に、税金使い切ってるより、
余程世のためだと思います。


雇われる方だって、このご時世、
せっかく掴んだ公務の職を、保守したい。
と誰でも思いますから、
職権乱用みたいな悪さも慎むでしょう。

本記事の私刑の惨さとは関係ないですが、
人手が足りないんだったら、何故人を雇わないんだ・・
公務全般にいつも感じる事です。

http://www.afpbb.com/article/life-culture/life/2818361/7600576
アパルトヘイトの負の遺産、私刑「ネックレス」が復活 南ア
関連記事
タグ:一夫多妻 南アフリカ 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。