いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 科学的な話 ≫ 地球に似た惑星スーパーアースは銀河系に数百億?

地球に似た惑星スーパーアースは銀河系に数百億?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
想像力を刺激してくれるお話ですね。
実際は天動説に近い、国際世界ですから、こういう事をもっと教育に取り入れたら、
自分達以外の違う存在に対する想像力が身につき、民族間の衝突も減らないでしょうか。

スーパーアースとは、

・地球のようにガスではなく岩石を主成分とし、恒星の周囲を公転する惑星。

・表面温度が高すぎず低すぎない。

・水が液体の状態で存在できる「ゴルディロックス・ゾーン(生命居住可能領域)」
と呼ばれる範囲に位置する惑星。

=生命の存在する可能性がある地球に似た惑星。

と定義されていますが、
生命の存在というよりは、地球の生命が住めそうな環境?
宇宙の生命なら、温度も水も関係ないかもしれないし、。
何故生命=水と温度なのか、素人にはよくわかりませんね。

それさておき、欧州南天天文台(ESO)がチリで観測した
赤色矮星の40%に対してスーパーアースの存在が確認され、

「銀河系には約1600億個の赤色矮星が存在することから、
銀河系だけで数百億個のスーパーアースが存在する計算になるという。」


(赤色矮星=サイズが小さく表面温度が低い恒星で今回102個を観測。)

これって地球の人口より多い計算なんだから、
宇宙では、独りが家どころか、星をひとつ持てるって事ですよね。

30光年の旅でそれを証明出来る日が来るのでしょうか・・往復60光年。
想像力を刺激してくれるお話ですね。
実際は天動説に近い、国際世界ですから、こういう事をもっと教育に取り入れたら、
自分達以外の違う存在に対する想像力が身につき、民族間の衝突も減らないでしょうか。

スーパーアースとは、
・地球のようにガスではなく岩石を主成分とし、恒星の周囲を公転する惑星。
・表面温度が高すぎず低すぎない。
・水が液体の状態で存在できる「ゴルディロックス・ゾーン(生命居住可能領域)」
と呼ばれる範囲に位置する惑星。
=生命の存在する可能性がある地球に似た惑星。

と定義されていますが、
生命の存在というよりは、地球の生命が住めそうな環境?
宇宙の生命なら、温度も水も関係ないかもしれないし、。
何故生命=水と温度なのか、素人にはよくわかりませんね。

それさておき、欧州南天天文台(ESO)がチリで観測した、
赤色矮星の40%に対してスーパーアースの存在が確認され、

銀河系には約1600億個の赤色矮星が存在することから、
銀河系だけで数百億個のスーパーアースが存在する計算になるという。


(赤色矮星=サイズが小さく表面温度が低い恒星で今回102個を観測。)

これって地球の人口より多い計算なんだから、
宇宙では、独りが家どころか、星をひとつ持てるって事ですよね。

30光年の旅でそれを証明出来る日が来るのでしょうか・・往復60光年。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2868773/8719530
生命の可能性「スーパーアース」、銀河系に数百億個か ESO推定

関連記事
タグ:タグは付けられていません。
コメント
コメント投稿フォーム:
 (コメント編集用)
 管理人にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。