いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 海外の話 ≫ パリー東京2時間半の超音速旅客機、実現は2050年?

パリー東京2時間半の超音速旅客機、実現は2050年?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
2050年となると、
さすがに他人事ですが、
この近未来プレーンの意義と難しさは、
パリー東京2時間半という、
速さではなく、

二酸化炭素排出ゼロ、
バイオ燃料を使用などの
環境面での技術でしょうね。
飛行機、鉄道、自動車にも、
その技術は応用できるのかもしれません。

成層圏の中を行くのか、
成層圏を超えるのか、わかりませんが、
この飛行機に乗る人は、
窓から宇宙空間も見れるのでしょうか?

が、普通の収入の人が乗れるようになるのは、
そこから更に10年、20年先か・・

とりあえず、
このプロジェクトに参加できた人は、
2050年までは、
仕事があるという事ですね。

あくまで平和な世の中が続けばの話ですが。

パリ―東京が2時間半、ゼロ・エミッションの超音速旅客機開発中
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。