いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 政治経済時事社会 ≫ 平均風速50メートル、つくば市北条の竜巻は12キロに渡っていた。

平均風速50メートル、つくば市北条の竜巻は12キロに渡っていた。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
6日につくば市や栃木県などで発生した竜巻、
つくば市では、
自宅にいた筑波東中3年の男子が死亡し、
両県で約40人がけが、
住宅など約580棟が損壊しています。

気象庁は、つくば市の被害は竜巻によるものと断定し
長さは常総市から約12キロに及んでいた。

つくば市北条地区の竜巻の強さは、
約7秒間の平均風速が50~69メートル
にもなるそうで、
6段階での上から4番目程度だそうです。

政府、各自治体も調査団を派遣。
自衛隊も、現地での活動を始めています。

屋根が飛ばされ、空が見える状態の家屋も続出

竜巻…米国ではよく発生し、名前が毎回付きますが、
日本では馴染みがないですね。
竜巻対策と言われても、
丈夫な建物に入るしか思いつきません。

家も木造アパートで心配です。

6日午後13時頃というと、
都心でも天気が下り坂になり、
そのあと落雷もありました。

震災対策で高台に引っ越しても、
結局自然からは逃げられないんですね。

関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。