いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 政治経済時事社会 ≫ 荒ぶる橋下徹に火をつけた女性記者、MBS斉加尚代とは?

荒ぶる橋下徹に火をつけた女性記者、MBS斉加尚代とは?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
8日、国歌斉唱に際し、
教職員に起立斉唱を義務付ける条例制定。
囲み取材を受けた橋下徹市長が、
民放テレビ局の女性記者にキレたとして
話題になっています

起立斉唱を巡り、
その質問の意味はワタシもよくわからないのですが、

訳がわからないとき、
人は話しを原点に戻して説明しようとします。。
すると意味ない揚げ足論が走り出す事が多い。

起立・斉唱…立って歌う
起立斉唱…立ってるたけでも要件を満たす?

命令は、誰が誰に出したのか?
それを先ず答えなさい。
そこに全てが入ってる。

私もユーチューブでこの取材の様子見ましたが、
橋下さんがキレるというより、
ツッコミ所を見つけたら、
徹底追及して面白がってる。
という印象でしたね。

事実関係を何も勉強してない、
トンチカンな記者、

とにかくこれに終始一貫しており、
途中で男性記者がフォローに入ってました。

公務員だから、義務がある。
ワタシもそれだけの事だと思いますし、
それ以上の思想の問題ではないです。

「MBSには社歌がないから、
こういう記者が出てくるんだ・・」
は、言い過ぎだと思いますが(笑

そのうち、斉加尚代記者へのインタビューとか
あるかもしれません。
関連記事
タグ: 橋下徹 大阪 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。