いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 注目people ≫ 大島優子の「ラストチャンス」卒業はしなくても総選挙は最後?

大島優子の「ラストチャンス」卒業はしなくても総選挙は最後?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
yuko.jpg

大島優子ちゃんが、
ディズニー/ピクサー映画『メリダとおそろしの森』の
アフレコ収録に臨みました。

王女メリダの冒険を描いたファンタジーで、
優子ちゃんは、主人公の王女メリダ役(日本語担当)です。

6月6日に日本武道館で行われるAKB48の「第4回選抜総選挙」
出馬メンバーの"政見放送"を、
YouTubeのAKB公式チャンネルで配信。
大島優子が「私のラストチャンス」と
卒業を臭わせる発言をしたことが、話題になっています。

収録当日、多くの報道陣が駆けつけ、
卒業発言についての質問が飛び、
「卒業宣言ではないので、皆さん心配しないで下さい」
改めて卒業宣言を否定しています。
本人もブログで、
「私が伝えたかったことは
ラストチャンスに懸けるような強い想いで
今回の総選挙に挑みたいという意味」

と言ってはいますが、

世代交替を意識してるこの時期に、
どうしてそんなフレーズを使ったのでしょうか?

「卒業」と「センターメンバーでなくなる」
とは意味が違います。

敦子ちゃん以外に負ける事が、
屈辱につながる優子ちゃんにとって、
せめてともちん位の位置に下がって楽になりたい・・か、

自分がトップに出てられるのも後一年くらい、
そうでなきゃいけないと感じてるのかもしれませんね。

関連記事
タグ:AKB48総選挙 AkB48世代交代 大島優子 小嶋陽菜 下着 水着 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。