いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 日常から ≫ 5月23日が「キスの日」だという、あまり響かないな理由

5月23日が「キスの日」だという、あまり響かないな理由

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
本日、5月23日は「キスの日」だそうです。
初めて聞きましたが、
なぜかと言うと、

日本で初めてキスシーンが登場する映画の公開日が、
1946年5月23日だったからだとか。
その衝撃の問題作は松竹の『はたちの青春』で、
当時、映画館は連日満員だったようです。
戦後直ぐですよね、その頃から、
日本人も過激なものが大好きだったという証拠ですね。

役者さんも、ガーゼで口を覆って、
「決死の覚悟で」臨んだという事ですが、
ガーゼを介したキスシーンてどんなの?

その「キス」というのは、
別に西洋から入ってきたものではなく、
日本古来からも、男女の営みとして存在しており、
以下のような呼び方があったそうです。


●「口吸う」
平安時代に使われていた。

●「口吸い」
室町時代~江戸時代。

●「口口」「口々」「口寄せ」
江戸時代。

●「呂の字」
江戸時代後期。

●「口ねぶり」「舌吸う」
江戸時代後期、ディープキスの意味。

●「お刺身」
江戸時代に花柳界で使われた。
舌と舌が絡む様子がマグロのお刺身に似ているから。
花柳界ではキスと混同しないように
本当の「お刺身」を「お造り」と呼んだ。

●「くちづけ」
明治時代の詩人、上田敏氏が考案して使用したのが最初。


いや、さすが日本!
「キス」などという単語より、
遥かにエロくて、願望を感じる表現と思うのはワタシだけ?

江戸になると庶民かというか、
ヘンな捻りが入って、エロさの点ではイマイチだけど、
「お刺身」は凄い。。
今でも「お造り」って言いますよね?
コレ、「ディープキッス」と区別するための言葉なの?ホントに。

やっぱり「吸う」というワードには、
独特のエロさがありますよね。

それに比べ「くちづけ」とは、
何とまぁおとなしい表現。。

http://news.livedoor.com/article/detail/6583994/
5月23日はキスの日!昔の日本にキスの呼び方がたくさんあった
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。