いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 科学的な話 ≫ 2012年の夏は、ここまで天体イベントが集中。

2012年の夏は、ここまで天体イベントが集中。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
21日は、金環食に揺れた日本列島でしたが、
天体世界ではもっとレア度が高いと言われる、
金星通過(金環日食は毎年どこかで起こっているのに比べれば)を始め、
今年の日本にはまだいくつか天体ネタがあるようです。

【6月4日】部分月食
地球が太陽と月の間に入り、地球の影が月にかかる現象。
昨年の12月10日に皆既月食以来。
見た目は普段の三日月と同じ?

【6月6日】金星の太陽面通過。
金星が地球と太陽の間に入ることで、
太陽面を黒い円形のシルエットとして通過して見える現象。
たしかにレアらしいのですが、
見た目は、金星が小さいため、ほとんどわからず、
日食のような感激があるのかは疑問です。

日食と同様に太陽観測用のフィルター必須。
午前7時10分~午後1時50分頃に見られる。

次回は2117年。

【7月15日】木星食
木星が月に隠される現象。
日本各地で観測可能だが、肉眼で観測はできず、望遠鏡が必要。
普段木星を見慣れてる人でないと、意味ないというか、
「猫に小判」のような現象ですね。

【8月14日】金星食
金星が月に隠される現象。
日本全国で観測可能。23年ぶりの現象で、肉眼で観測可能。
これも、金星に馴染んでないと、感動はなさそうです。

今から主要惑星の位置くらい抑えておきましょうかね?
今年は天体望遠鏡が売れるかもしれません。


http://www.excite.co.jp/News/bit/E1337574774612.html
2012年は天体ショーの当たり年!? 金環日食の次は「金星の日面通過」「金星食」
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。