いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 政治経済時事社会 ≫ テレビ報道への不信感を一番抱えていたのは、当のテレビ局社員だった。

テレビ報道への不信感を一番抱えていたのは、当のテレビ局社員だった。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
震災から1年の3月11日の翌日、
芸術選奨・文部科学大臣賞などを受賞した、
日本テレビ解説委員:水島宏明氏(54)が辞表を出されました。


週刊ポストで、メディアの在り方に疑問を持たれた
その経緯を語られたそうです。

震災後、報道局の幹部指令で、
今後ドキュメント番組は、基本的に震災と原発のみでいく事になり、
それ以外の小さな?問題は全てボツになったそうです。

また番組企画会議では、
日テレは読売グループのため、
原発問題では読売新聞の社論を超えることは禁止
との通達もあり。
 
これは日テレに限らず、
テレビ局全体が抱える問題でしょうが、、
あらかじめ報道内容のディテールまでを
会議で決める傾向にあるそうです。

現場の若手や下請けは、その指示に沿った取材しか許されない。
震災以降、現場軽視をますます痛感し、
氏は会社を辞める決意を固めたそうです。

組織としてのマスコミは、
社会やスポンサー、系列が喜ぶ報道をし、
ジャーナリストとしとの個人は、そのジレンマを抱えていく。

ただ現在、実際にテレビを観るほとんどの人は、
そこにジャーナリズムを期待してはいないし、
そういう時代も終わっているのでしょう。

発信の場はネットにいくらでもあります。
たしかに事実か感情か見極めが難しいのがネットの難点ですが、
そういう目やアンテナは、
個人の責任において磨いていくものだと思います。
それはむしろ健全な事ではないでしょうか?

今は法政大学社会学部教授になられてるそうですが、
水島さんのような人は、逆に時代が呼んでるのでは?
是非、真のジャーナリズムを伝承していって欲しいと思います。


http://news.livedoor.com/article/detail/6578093/
日テレ元解説委員 311翌日に辞意を伝え退社した経緯語る
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。