いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 政治経済時事社会 ≫ 東京スカイツリー開業の日から展望台の営業停止の弱点とは?

東京スカイツリー開業の日から展望台の営業停止の弱点とは?

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
強風だそうです。

22日開業した東京スカイツリーですが、
同日夕方、強風のため安全措置として、
二つの展望台を結ぶエレベーターの運行と、
展望台(地上約450メートル)の営業を停止。

運営会社では、風速が30メートルを超えた場合、
揺れが大きくなって乗客に危険が及ぶ可能性があり、
エレベーター運行停止を、検討するよう定めているそうです。
基準を超えてなくても、
一定以上の強風が長時間続場合は、
両展望台間のエレベーターを停止する方向。

たしかに安全第一ですが、
これでは休みを作って遠方から来た人はたまらないでしょうね。
地上でさえ強風は珍しくないのに、
上空での風のリスクなんて相当なものでは?

まともに展望を見れる日の方が少なかったりして・・
それを含めての、あの料金設定でしょうか?
スカイツリーを目的に、
ツアーを組むのは考えたほうが良さそうですね。
ついでに寄る位でいいかもしれない。
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。