いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 海外の話 ≫ 南部を支えるケシ栽培・・アフガニスタン

南部を支えるケシ栽培・・アフガニスタン

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
手間隙なしに、小麦栽培の4倍の儲け。。
現地の人達にとっては、
神の恵みくらいの感覚なんでしょうか。
ケシを栽培を撲滅しようとするのは、
自分たちの宝に対するやっかみであると。

世界の9割のシェアというのは、本当でしょうかね?
だとすれば、彼等は誇りすら持っているかもしれません。

アフガンでの、米国と反政府勢力との争いは、
ずっと続いていますが、
先日のビンラディン殺害は、
この状況を終わらせたかったからでは?
という話もありました。

でも、アルカイダとタリバンは、
別のような気がしますが。。
タリバンは、
アフガン国内での厳格なイスラム支配が目的であって、
国際テロなんて、関係ないでしょうし、
ビンラディンの死が、影響あるんでしょうか。

先日の500人の大脱走といい、
国内での活動が更に活発になってるタリバン、
その資金源でもあるという事ですから、
それこそ、米軍が居なくならない限り、
ケシ栽培がなくなる事ではないでしょう

http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2797980/7130010
ケシ栽培から脱却できないアフガニスタンの農民
関連記事
タグ:パキスタン タリバン アフガン情勢 テロリスト集団 イスラム武装勢力 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。