いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 科学的な話 ≫ 6月6日の金星太陽面通過、100年に一度の現象も雨では・・

6月6日の金星太陽面通過、100年に一度の現象も雨では・・

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
残念ながら雨となってしまいましたが、

本日は、金星が地球と太陽の間を通過する
100年に一度の日。
先日の金環日食が毎年どこかで起きてる事に比べ、
非常に珍しい天体現象だそうです。
次回は105年後。

でもあまり騒がれていないのは不思議ですね。
これも太陽なので日食グラスなしでは見られないのですが。

過去6回の観測記録と言っても、
写真で残っているのは前回の2004年のみでしょう。

その前が105年前なんだから、
観測はできてたとしても写す技術はなかったのでは?

この現象のミステリーは、日食どころではなくて

まず、必ず6月か12月に起きるそうです。
一度起きると8年後の同じ月にまた発生するが、
その次は、105年待たなければならない。

その不規則にも見える、規則性というか周期であったりとか、
これもバランスのひとつなんですね。

何万光年という広さに、
何十億年の寿命を持つ星と星の、
引力関係で成り立つ宇宙にあって、
105年なんて1日とか1時間レベルの時間なんでしょうね。

http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/science-technology/2881241/9016240
6日に金星日面通過、見逃すと次回は105年後
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。