いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 政治経済時事社会 ≫ 埼玉県 生活保護費の不正受給額は6億以上

埼玉県 生活保護費の不正受給額は6億以上

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
生活保護費の不正受給額、
倍増と言っても、チェック態勢を強化して
出てきた数字なので、元々それ位だった可能性もあります。
不正受給の8割以上は、就労収入や年金収入の不申告。
4年間で約1340万円の生活保護費を不正受給していた夫婦も
居たそうです。

県などは不正受給分の返還を求めるも、回収できるのは全体の3~4割。
4億円前後が回収不能だそうです。

でも、回収不能って財源は税金でしょう?
職員の給与削ってでも帳尻合わせるべきではないでしょうか。

不正受給の背景にも、外からじゃ想像出来ない事情があるのかもしれません。
でも4年で1340万って、年収300万以上。
普通に働いてそこまで稼げない人もいるんだから、
もう保護のレベルじゃなく、確信犯だと感じますね。

人の生活環境なんてまちまちなんだから、
一律の額で判断する制度自体に無理があると思います。

結局、収入と公的支出のバランスが合ってないから、
皆こういう事考えるんじゃないでしょうか。
税金払うために、借金しなければいけないっていうのが、
現実だと思います。
単純に不正、不正って、責められるものかなと。


http://news.livedoor.com/article/detail/6670959/
生活保護費の不正受給額倍増、6億円超…埼玉 生活保護費の不正受給額倍増
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。