いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 政治経済時事社会 ≫ 小沢一郎以下50人、消費税法案に反対し民主党を離党。

小沢一郎以下50人、消費税法案に反対し民主党を離党。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
7月2日、消費税増税法案の採決に反対し、
撤回を要求していた小沢一郎ら50人が、
離党届を民主党に提出しています。

小沢氏は、

「もはや野田首相の下での民主党は、政権交代を成し遂げた民主党ではない」

と延べ、離党の理由に挙げているのは、
消費税増税法案の撤回要求が、受け入れられなかったことなど。

今後、国民に訴えるテーマとして
「消費税増税への反対」と「原発への対応」を挙げています。

・・頼もしいですね。
政権交代後、初めての大きな内部分裂でしょうか・・
自民党離党の後も、新党で暫くやってましたが、
今回は無名とは言え、50人います。

小沢さんの主張が行き届けば、選挙でもいい線行けるかもしれません。
ただ散々叩かれた、おカネの問題があるので、
以前ほど国民の受け入れ度はよくないかもそれませんね。

田中美絵子さんなどの「小沢ガールズ」はどう動くのでしょうか?
小沢さんの指令なしで動ける人達なのかしら・・

で、消費税反対で財源はどうしようというのでしょう。
原発への対応・・とは、単に反対でもなさそうですし、微妙そう
いずれにせよ、立ち位置の違いを主張するためだけの
方便でない事を期待します。

http://news.livedoor.com/article/detail/6717440/
小沢氏、会見で野田政権の姿勢を厳しく批判
関連記事
タグ:タグは付けられていません。
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。