いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 政治経済時事社会 ≫ 財務局にも知らされていなかった東京都の尖閣諸島購入案

財務局にも知らされていなかった東京都の尖閣諸島購入案

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
石原都知事が16日にワシントンで
「尖閣諸島を東京都が買い取る」
と発言した事に関して、

翌日、都民の声の窓口に電話が殺到。
「決断に感激した」「国が動かない中、よくぞ言った」
賛成意見が9割くらいだったそうです。

これに対して、藤村官房長官は、
「所有者のプライベートに関わる事なので詳細は言えないが、
国も連絡は取っており、何もしていないわけではない」
と返していますね。

今回、騒ぎになってるのは、
土地購入を実際に担当する、都の財務局が
何も聞かされていなかった事。
「報道で初めて知った」
「どこにどういう情報が問い合わせできるのか分からない」
と対応に追われている状況だそうです。

土地を購入する場合は都が改めて測量などを行い、
2億円以上で2万平方メートル以上の場合は、
条例で議会の議決が必要と定められている。
この場合、知事から「財産価格審議会」に価格が適正かを諮問、
答申を受けた上で議会にはかることになる。


これは、諮問だなんだ時間かけてると決まらない..
と踏んだ石原さんが、
世論から固めて封じ込めようというゲリラ作戦なのか?

正式に取得するのは、2013年の4月以降になるそうです。

ただ、思った通り、
購入発言の後も、中国が「自国の領土だ」と反論してるので、
購入でこの問題解決なのかどうかは?
微妙そうです。


http://sankei.jp.msn.com/life/news/120417/edc12041714300001-n1.htm
「決断に感激」「よくぞ言った」 朝から都庁に電話100件 9割が賛成
関連記事
タグ:尖閣諸島問題 石原都知事発言 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。