いい人で生きているアラフォーの社会勉強TOP  ≫ スポンサー広告 ≫  ≫ 海外の話 ≫ フロリダの黒人少年射殺事件 警察署長が一時的離職

フロリダの黒人少年射殺事件 警察署長が一時的離職

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タグ:タグは付けられていません。
この署長の離職って、
更に事態を混乱させないでしょうか?

批判を浴び、全米を騒がせた事に対する責任である。
と同時に、
事件処理が間違ってたと認めた事になりませんか。。

すると今度は、加害者側、白人側が騒ぎ出したりして、
両陣営が随所でぶつかり合うなんて、
暴動に進展しないでしょうか。

それも一時的離職というのは、
問題投げて休んでるという事ですよね。
辞職ではないんだから。
記事後半で被害者の父親が訴えているように、
事件処理の見直しや是正が無ければ騒ぎは広まるばかりです。

被害者側からの証言で、
小競り合いになどなっておらず、
接触もなかった状態での射殺の可能性も大きく、
そこを洗い直さなければ、
誰も納得しないでしょうね。

フランスでは銃撃事件でイスラムパッシングが高まりますし、
人種、民族絡みの波紋のが大きい事件が続いています。

http://www.afpbb.com/article/disaster-accidents-crime/crime/2867193/8686203
自警団員の黒人少年射殺、批判受け警察署長が離職 米フロリダ州
関連記事
タグ:フロリダ黒人少年射殺 人種差別 
トラックバック
トラックバックURL:
[この記事にトラックバックする](※ FC2ブログユーザーのみ有効)
トラックバック一覧:
Copyright (C) いい人で生きているアラフォーの社会勉強. All Rights Reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。